【妊娠糖尿病】入院中にしたこと&入院費用について。

妊娠
スポンサーリンク

妊娠糖尿病での入院。

私の場合、9日間でした。

入院の目的

①インスリン注射の手技を身につける

②血糖値の値によって、インスリンの量の増減を自分でできるようにする

③栄養指導を受けるとともに、病院の食事内容に慣れ、家でも実践できるようにする

このような目的のための入院です。

これらには、意外と長い期間の入院が必要とのことでした。

血糖値の測定

自分でできるように習います。

血糖値測定は1日6回。

食前&食後2時間です。

2日目くらいには不安なくできるようになり、その後は本当に流れ作業です。

血糖値は、指先に針状の器具を刺して血を出して測ります。

痛さは、シャープペンシルの芯を間違って指に刺しちゃった!!!くらいの痛さ。地味に痛いです。

刺さる深さも選べるのですが、浅すぎても血が出なくて刺し直しになるし、深すぎても痛いので、ちょうどいいところを見極めるのが大事です…!!

インスリン注射

ペンみたいな注射で、針だけ毎回変えます。

おなかの部分に打ってましたが、血糖値測る器具より痛くないです…!!

針が細くて、刺してもあまりわからないくらい痛くない。

(痛点とかをやられると、いたっ!!!とはなりましたが)

なので、思ったより大丈夫なのがインスリン注射。

インスリンの量の調整方法のお勉強もしました。高血糖がどれだけ続いたら、インスリンの量を増やす!みたいなことです。

帰ってから、増減をしないといけないので…。

栄養指導

栄養士さんとのマンツーマンレッスン。

普段食べてるものの献立を見てもらったりしながら、かなり細かく改善点をあげてもらったりしました!

衝撃だったのは、豚ばら肉は‘’たんぱく質”の仲間には入れず、油の仲間だったこと。。

入院中に出る食事も、もちろん糖尿病食。それを食べて、どんなものをどのくらい食べていいのかを体感して覚えます。

白飯が多かったのに驚きました、、!こんな食べていいの?!です。

これは、妊娠中はどうしても栄養とらないといけないからだそう。

ごはん減らしておかずを増やすと、おかずに付随する油分や塩分も増えてしまう。

結局、ごはん多めでおかず少なめのが良いのだそうな。

もちろん!いろんな栄養素とれるようにバランスよくなのですが(*_*)

勉強したことを踏まえて、
退院後の食事の献立を考えて、提出したりもしました。

 

朝ごはん

 

昼ごはん

 

夕ごはん

各種検査

あたりまえですが色々検査もしました。

1日分の尿を容器にため、提出したり。

お腹にベルト巻いて赤ちゃんの心音確かめたり。

1日の尿の回数も報告してました!

わたしの入院生活はこんなことをしてました。

1度、エコーもしてもらったかな?

入院費用

とっても気になったのが入院費用。

限度額申請を入院中にして、必要な書類を主人に取り寄せてもらいました。

それを提出した上での金額ですが…

9日間入院して、、

90000円代‼️

でした。

つまり、1日10000円ちょっと計算です。

痛いですよね…(*_*)

しかしながら、ここで、保険が大活躍。

わたしの入っていた保険…

入院 日額5000円。
女性疾病の場合プラス5000円。

つまり、日額10000円出る保険だったのです❗

なので、今回は数千円ですみました。

保険代もばかにならなくて、やめたいなぁとも思ったことがありましたが、続けててよかった…。

そんなことを感じた、妊娠糖尿病での入院でした。

ちなみに、これを書いているのは産後です!!!

産後の検査では、糖尿病は治ってましたので、インスリンなど治療はしていません!

あのときは大変だったなぁと思い出しています…。

コメント