大泉門閉鎖の疑い→経過観察をしていた話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ご無沙汰しております。

cherryには間もなく2歳になる娘(以下あーちゃん)がいるのですが、4ヶ月検診でひっかかり、経過観察を受けていました。その話を書いてみようと思います。

大泉門閉鎖の疑い→経過観察をしていた話。

⬛市の4ヶ月検診にて

首もすわり、寝返りも早い段階でこなしていた、あーちゃん。
ちょっと体重の増えは良くないかな~といった程度で、特になにも心配せず、意気揚々と検診に向かいました。

先生に診察してもらう。
頭をギュッキュッ。押される。やたら頭を診ている。
「大泉門が閉じちゃってるかもしれないから、すぐに大きな病院に行ってね」

わたし、目の前が真っ暗。
母子手帳には「大泉門閉鎖」と、でかでかと書かれた。だいせんもん、、、??
なにそれやばいの?

恥ずかしながら、大泉門のことをよく知りませんでした。
大泉門とは、赤ちゃんの頭蓋骨に開いている隙間のこと。それが早い段階で閉じてしまうと、脳の成長が妨げられ、危険と言うのだ。

通常、1才半頃~2歳頃に閉じるものだと。
もしほんとに閉じてしまっていたら、早めに手術が必要なため、早く総合病院へ行って下さい、ということだったのだ。
普通、この頃の赤ちゃんのおでこのちょっと上あたりを押すと、ペコペコと柔らかいところがあるはずなのに、あーちゃんにはありませんでした。

それどころか、なんか、骨が盛り上がってるような感じすらしたのです。言われてみれば、、、、という感じ。帰って、ネットで調べると、いろんな手術の話だとか脳圧がどうのとか、心配すぎて2日間眠れませんでした。

頭囲…39.4センチ。

⬛総合病院の小児科での診察

4ヶ月検診で紹介状を貰い、病院を受診。小児科、脳神経外科もある総合病院へ行きました。

まず小児科で受診。
「あー、、確かに大泉門、触れないね。これね、はいはい、、あれ?小泉門は開いてるようだね。レントゲン、撮ってみましょうか。」
言われるがまま、レントゲン室へ。

乳児がじっとしていられるわけもなく、何度か撮り直しもありましたが、正面からと左右からと無事に撮影。再び先生の診察。

レントゲンの写真を見て、、「若干ですが隙間があるので、様子を見ていきましょう。」と。確かに、頭蓋骨の真ん中に、スーっと縦線が。前頭縫合、、だったか。
とにかく、完全に閉鎖していたわけではないと言うのだ。

脳神経外科の先生にもレントゲンをみていただき、とりあえず経過観察で良いと言われた。
頭囲、、40.0センチ←2日前の検診では39.4だった。はかりかたの問題、、?

⬛経過観察って??一喜一憂した話

経過観察。この場合、頭がきちんと大きくなっていくかを見ていきます。日々、大きくなったかな~なんて見ててもよくわからないし、計り方でズレも生じるので、親としてはほんとに何もできない。

受診は1ヶ月後。
それまで、ネットで病気のことを調べまくり、余計に不安になってしまった。

なぜなら、病気の子供の特徴と、あーちゃんの頭の特徴がそっくりだったから。

1、おでこが出ている
2、おでこの真ん中に縦線があり、すこし硬い
3、こめかみに線があり、くぼんでいる

全部当てはまっていました。心の支えは、レントゲンで見た、隙間。
こんな心境のなか、わたしの実家に里帰りする機会がありました。
わたしの赤ちゃんのときの写真を見せてもらうと、、、
頭の形が、あーちゃんと一緒、、、。
おでこも出てるし、こめかみにもガッツリ線が入っていた。
あれ?これただの遺伝じゃ、、、??少しホッとしました。

実は私も元々頭は小さい方。家族みんな。
帽子は、婦人用だと大きすぎることも多く、ぴったりだと喜んで買った帽子はジュニアサイズでした。
主人の頭のサイズは小さい方ではないけれど、私に似て、小さめなだけなんじゃ?そんな風に思ってました。

⬛2回目の病院

1ヶ月経って、生後5ヶ月。運命の計測。

40.0センチ→40.5センチ❗

0.5センチ大きくなっていました。発達状態も問題なし。
また1ヶ月後、来てくださいとのこと。

⬛3回目の病院

さらに1ヶ月経って、生後6ヶ月。

40.5センチ→40.9センチ

大きくなってる。成長曲線の下の方を這っているけれど、確実に大きくなってる。
「じゃあ次は3ヶ月後にきてください」
あ、期間が延びた❗少しほっとする。

あーちゃんは、身長は高めで、細め、頭が小さめだった。
周りの赤ちゃんと見比べると、ちょっと違うなぁと心配はしていたけれど、スタイルええだけかもしれん、と、できるだけポジティブにとらえて乗り切った。

⬛4回目の病院

3ヶ月後。生後9ヶ月になった、あーちゃん。つかまり立ちバッチリ、いまにも歩き出しそうな発達具合だった。

40.9センチ→42.7センチ

頭囲も順調にのびていた。「あ、ちょっと開いてるね」大泉門あたりを触った先生が言った。
泣きそうになった。また3ヶ月後、受診することに。

⬛5回目の病院

さらに3ヶ月経って、生後11ヶ月。ばっちり歩行する、あーちゃん。

42.7センチ→44センチ

元気いっぱいのあーちゃんに、先生もホッとした様子。「心配無さそうですね。半年後、また来てください。そこで異常なければ、経過観察終了です」よし、あと半年。

⬛6回目の病院

6ヶ月後。1才5ヶ月になった、あーちゃん。先生や看護師さんに、手を振ったりして、愛嬌を振り撒く。

44センチ→45.9センチ

順調な頭囲の推移でした。これを持ちまして、経過観察終了!!

何かにつけて心配して、小さめの頭を心配してきましたが、一段落して、ほっとしました。
検診でひっかかったときは、本当にショックでしたが、何事も早期発見が大事ですものね。
ちなみに、あーちゃん、あれから頭囲測ってません。。

が、昨日買った新しい帽子のサイズは48センチでした。ぴったりサイズ。

確実に大きくなってる、、、母は泣けてきます。
このまま順調にすくすく育ってくれますように❗

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存