「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」 in 山梨公演 ライブレポ②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Mr.Children Hall Tour 2016 虹」 in 山梨公演 ライブレポ①からの続きです。
※2016年4月に書いたものです

ライブレポ①にも書きましたが、レポートとはいえ記憶を頼りに書いていきますので、すべてニュアンスが伝わればな、程度で読んでやってください。

席も遠かったので、細かいところは伝えられません、、ご容赦ください。
記憶違いもいろいろあると思うので、なんとなーく、こんな感じだったのね、
と思ってもらえればと思います♪

①では、ライブが始まる前までの出来事と、セトリ一覧を載せています。
長いですが、もし興味ある方はそちらからどうぞ♪
以下、ネタバレ含みます。見たくない方は進まないでください♪

ステージには緞帳もなく、セッティングが丸見えの状態。
暗転し、メンバーが登場。

アリーナやスタジアムなどで見られるような映像などスクリーン自体がなく、シンプルでオシャレな丸い光のオブジェ、、的なステージセット。←伝えるのが難しい。

桜井さん、紺色、、青っぽいジャケットに、白いスニーカーのように見えました。
近くだった人、教えてください(笑)

ステージの立ち位置としては、向かって左から、サックス山本さん、ペットいっちーさん、田原さん、そのうしろにキーボードサニーさん、桜井さんの後ろ、右にズレてジェンさん、ナカケー、アコーディオン小春さん。

最初から全員出てたか、思い出せませんが、立ち位置はこんな感じ。
いきなり、演奏がはじまる。


1、新曲。おとぎ話

い、いきなり新曲♪噂に聞いていた、忙しい僕らなのかと思ったけれど、歌詞を、聴く限り、忙しい感じこ歌詞ではない。ゆったりバラードでした。聴き惚れてしまい、実はあまり覚えてません涙
みなさんポカーンと聴き惚れておりました。

2、水上バス

一曲目の雰囲気と似ていて、ちょうどいい流れ。。桜井さんのアコギが響いていた。さすがに音響がいい、声がたってる。まったり、聴き惚れる。声の調子も良い、、。横浜の様子を思い出す。

3、優しい歌

やっぱり♪アコーディオンの小春さんが参加すると聞いてから、これはやってくれるだろうと予想していた。アコーディオンの印象的なイントロ。ゆったり身体をゆらしながら、小春さんの演奏。主張しすぎることもなく、でも存在感はある。格好もかわいい。
桜井さん、ステージで動き出す。掛け合いの部分も盛り上がった。山梨のみんな、興奮状態で拍手しまくり。

4、彩り
今僕の目の前の人の♪のところとか、観客に向かって手振りをしていて、そっちのほうにいた人、嬉しかったやろうなぁ。ただいま、おかえりのくだりも、観客はおかえり~♪ってレスポンス。山梨ツアーは初めてではあるけど、94年にイベントできてるし、おかえりだな♪うん。桜井さんもめっちゃうれしそうだった気がした。すごくホール全体見回してるような。

MC
※どこでどのMCをしたか、曖昧です。
なんとなくこのへんかな、、って感じで書きます、、メンバー紹介などしたあと、、

◆パプリカパクチーの話

「もこみちくんのレピシで←噛んで笑がおこる レシピで、パプリカとパクチーを入れるってなってるけど、近くのスーパーを何軒まわってもない!ってとき、そうゆう場合は、ピーマンとシソで代用して美味しいものを作りましょうと。もしかしたらもこみちくんの料理より美味しいものができるかもしれない、そんなコンセプトで今回やってます」

「アリーナやスタジアムでは、ピコピコとか録音した音も一緒に流して演奏しているんですが、今回はこの8人の演奏する音を、そのままみなさんに聴いていただこうと。だから、CDで何度も聴いたのとは違うなって思うものもあると思いますが~」

要はストリングスとか機械で流す音がパプリカパクチーだとしたら、8人の演奏がピーマンシソで、もしかしたらそのほうがおいしくできるかも、って言いたかったのかなと思いました♪

◆グループ名について

「いまMr.Childrenですっていいましたが、今回この8人で演奏していて、Mr.Childrenですっていうのも変だなと思ったので、今回この8人のグループ名を考えました。よく、Mr.Children with~とか、Mr.Children、とか、Mr.Children featuringとかありますが、なんか違うなと、、。Mr.Childrenがコーヒーだとすると、サポートのみなさんがコーヒーカップの器のようなイメージ。。ぼくらがおっぱいなら、みんながブラジャーみたいな。笑 支えがないと、ドゥラララーンてなっちゃうみたいな笑

あと、このステージセットみたいな、光のアトリエの中で、Mr.Childrenが絵を描いているような。そんなイメージから、「Mr.Children、光のアトリエ」これじゃちょっと長すぎて時代にそぐわないから、『ネコノミクス』(←観客シーン )って、絶対無いと思ったでしょ笑
考えた結果、『Mr.Children、光のアトリエで虹の絵を描く』が正式なグループ名です。略して『光のアトリエ』あ、全部カタカナですよ、スガシカオてきなやつ笑 『ヒカリノアトリエ』です、どうぞよろしく♪」

「今回ね、田原のたっての希望で、みなさん座って聴いて欲しいということなんですが。ね、今回いいですよみなさん、パイプ椅子じゃない!ぼくも座ってみたんですがね、とってもカンフォタブル♪ですよ、もう一回言います、カンフォタブルです、←ウケを狙ったのに反応薄かったからか、言い直す桜井さん笑
座って聴いてってください」

田原さん「ゆっくり聴いてって」

ぎゃー田原さんしゃべった(*^o^*)みんな座る。

いっちーさんの紹介のあと、

「まだ吹いてません笑 これから吹きます、いっちー、準備はいい?」

そして次はこの曲。

5、You make me happy

いっちーさんのトランペットが響く。山本さんのサックスも。雰囲気はあのスプリットザディファレンスの、大人の感じ。座っても段差があるし、ステージ全体が見える。音に身を委ねるというのは、このことだ、、。ますますこの曲が好きになった。MC中、今回音にこだわってるってすごく言っていた。前半、盛り上がりすぎちゃって、演奏中も拍手あったりしたけど、演奏に聴き入ることができて、座ってゆっくりMr.Childrenを感じられる贅沢さをかみしめた。。

6、クラスメイト

うわぁ、Qツアーでサニーさんのコーラス見て、サニーさんのファンになったきっかけの曲。サニーさんいるライブで聴けるなんて涙 サニーさんのコーラス相変わらず出しゃばらず、ちょうどよく心地よく入ってくる。桜井さんの甘美な声。サビ前のブラス。田原さんのギター。よいしれる。今回リズム隊に耳を向ける余裕がなくてあまり覚えてなくて悲しい、、。でもとにかく、8人の演奏で、かなり重厚感も軽やかさも感じられて、すごかった。

7、PIANO MAN

きました、足音ブログで音出ししていたこの曲。HOMEアリーナは外れて行けなかった私、初めて生で聴けて感涙、、、しかも豪華なブラスつき♪
ヒカリノアトリエ総動員、一体感、贅沢過ぎる。この一曲だけでも、チケット1枚の価値があるくらい濃かった。。

8、CANDY

吸い込まれる演奏。そうなんだよ、こうゆう曲を座って聴きたかった。ホールらしい、CANDYが聴けました。

MC2

◆UFOの話【CANDYのあとだったかな、、それより前かも】

「実はですね、誰も信じないかもしれないんですが、わたくし、小学5年生のときに、宇宙人にさらわれて、UFOに乗ったことがあるんです。そこでね、まぁ当時はなかったから、友達にうまく説明できなかったんだけど、今でいうマイクロチップみたいな形状のものを埋め込まれたんです。おまえはいい曲をつくれと、、そしてそのあと、どうゆうわけか音楽をはじめましてですね、いい曲がかけたり、いまみたいにいい演奏ができると、あっ!あたりまえじゃん、俺はチップ埋め込まれてるんだから♪と思ってます」

最初の、信じないかもしれないけどのあたりで、信じるよ~みたいな観客の声に、仲間だみたいなこと言ってたのには笑ったなぁ。

こんな話するから、UFOやってくれんのかと期待してしまったではないか、、、。

あと「そんなこと言ったらここにいるメンバー全員マイクロチップ埋め込まれてるよね。いっちーも埋め込まれてるよね?」

いっちー「うめ、埋め込まれたいです」←ちょっと噛みながら

桜井さん「ふらなきゃよかった笑」桜井さん、田原さんをチラ見。
田原さん「いやいや、あっちでしょ」とジェンを指す。

「あれだよね、ジェンはおっきい、フロッピーディスクが埋まってそうだよね」

ジェン「フロッピーディスクて古くなってるじゃんって、そうそ、だからこんなに顔がおっきくなっちゃったのぉ笑」

みたいなくだりも。

「今回、Mr.Children、なんと22年ぶりのホールツアーなんです!ぼくら、大阪とか東京とか都市でホールツアーやって、まぁ自分で言うのもなんですが、そのあとすぐにブレイクいたしまして、、ホールツアーって、やってこなかったんですね。で、一度ホールツアーをやりましょうってなったあとに、わたくしの頭がおかしなことになりまして笑 【ジェンのドラムで、チーン♪】中止になりまして、、そして今回!ホールツアーを開催できることとなりました。やってよかった!!

ミュージックステーションで、たまたまB’zの稲葉さんとお話しして、といってもあれですよ、ちょっとなんですけど。

B’zさんって、コンスタントにホールツアーやってるんですよね。

それについて稲葉さんに訊いてみたら、

いいですよ、やったらお客さん喜びますよと。そんなこともキッカケのひとつになって、今回ホールツアーをやることになったんです。」

なんとっ、B’zの稲葉さんと一緒だったMステって、クリスマスあたりのかしら。

Mステほんとにありがとう、稲葉さんもいつも櫻井さんを触発してくださってありがとうございます、、。
「今からやる曲は、ちょっとエッチな曲です。直球でエッチな曲とかいろいろあるんですけど、この曲は最後にグググとエッチな、、笑」

9、妄想満月

なるほど、確かに色気たっぷりだ、、、。大人の色気と変態感がステージにただよう。クレーターもちゃんとある満月と、大型犬と思われる犬のシルエットが、影絵のように映し出される。そして途中、ジェンによる犬の遠吠えが、、♪笑 高クオリティな遠吠え。。さすが。。途中のトランペットもよかった。

10、もっと

山本さんのフルート、すごい安定感。これも聴きたいなと思ってたから大満足。《どんな理不尽もコメディーに見えてくるまで大きいハート持てるといいな》なんかすごく刺さった。桜井さんのファルセットもきれいで、喉の調子の良さが伝わる。

11、傘の下の君に告ぐ

感無量。この編成で1番聴きたいと思っていた曲。わたしのMr.Childrenベスト5に入る大好きな曲で、ライブで聴いたことがない、毎回、ライブでやんないかなと思ってた曲。ついに、ついに夢が叶った、、。
赤い照明の中、演奏を始めるヒカリノアトリエ。田原さんのギターのイントロが鳴り響き、ジェンさんのドラム、山本さんのサックスが鳴り響き、妖しく妖艶な雰囲気がプンプン。
ボレロの頃のロックロックした歌い方ではないものの、狂気を感じる歌声。かっこ良すぎる。
政治色というか、社会批判の曲だから演奏しにくいのかなと思ってたけど、そうゆうわけでもなかったんだ、またぜひ聴きたい涙

本当によかった、今回のライブのハイライトです。

12、マシンガンをぶっ放せ

ええええええ座ってるのにこの曲ですか(^◇^;)みんな我慢できず立ってしまう笑
この曲やってくれるなんて、、、ステージがはじけるような興奮状態。最後のほうの田原さんのギターかっこよかったな、、、。傘からのマシンガンとか、私の好み一直線な流れ。

13、WALZ

リフレクションの中でファイトクラブ1、2位を争う大好きな曲。リフレクションの中で聴きたいのはと訊かれたら、ワルツかファイトクラブか、、って言っちゃうくらいの。それをやってくれちゃった涙 桜井さんのオオッ♪オオッ♪かっこよかったな、、。音の厚みもあるし、派手な演出がなくてもすごく迫力があった。

14、血の管

あのちょっと怖いピアノのイントロ。ええええええこれやっちゃうんだ(^◇^;)マシンガンで立ってしまったことを後悔する一同。←少なくとも私は
ゆっくり座って聴きたかった、、。桜井さんのファルセットで泣きそうになる。トランペットだったかなぁ、、ブラスのアクセントもよくて、雰囲気すごかった。

15、こころ(新曲)

入場時にもらったリーフレットに歌詞が載っていて、きっとやるんだろうなと思っていたのだけど、予想通りやってくれました。ピアノとフルートが効いたバラードでした。まだ歌詞を熟読してないのですが、スルメソングな予感です。

MC3

◆こころ

桜井「ほらね、途中立っちゃうから、どうていいかわかんなかったでしょ笑

こころ、という曲を聴いていただきました。新曲です。ちょっと長い話になりますんでね、よかったら座ってください。。

実はですね、身内が亡くなりまして、、でもね、初めて、亡くなった人は自分のこころの中にいるから、大丈夫だって思えたんです。こんなとき、あの人だったらどう言うかな、どう思うかな[m:806]そうゆうふうに思うことこそが、こころなんじゃないかと思うんです。」

「いままで昔の曲とかもやってるから、何曲新曲やったかわかんないひともいるだろうねぇ笑 答えを言わないクイズです。」

この時点で2曲だったので、私は小さくピースしてました♪笑

◆ある曲の前のMC

「今からやる曲は、人の名前がタイトルになっている曲です。2003年に発表し曲なんですが、最近この曲がやりたいなと思いまして。一般の方とかから、うちの子に、この曲のタイトルの名前つけましたとか聞くんですよ。嬉しいなと思ったり。

別れの曲、出会いの曲あると思うんですが、この曲は実は出会いの曲なんでじゃないかと思っています。この曲の歌詞に、どこかで掛け違えてきて気がつけば1つ余ったボタンってのあるんですが、誰でも必ず、掛け違えて生きてきてると思うんです。特にジェンも中川も田原も、、みんな掛け違えて生きてます。」(←このへんのくだりがあまり思い出せない涙)
「あと、僕尾崎豊さんが大好きで、尾崎さんの曲でも人の名前がタイトルになってる曲があって。シェリーってみなさんご存知ですか?(←会場、半々くらいの反応)えっと、こんな曲です」

で、アコギでシェリーを歌ってくれた(*^o^*)私は原曲がわからなかったのだけど、途中、うまいこと、

冷やし中華♪始めました♪

って、アメミヤに移行して笑に包まれる会場、、。

「いやね、人の曲で悦に浸ってる自分が嫌だったからね笑」←じゃなくて「人の曲でみんなうっとりするから~」って拗ねた感じだったらしいです笑 記憶違い(^◇^;)

シェリーからの冷やし中華始めましたというコラボが聞けましたよ笑

「そうそ、小春がね、この曲を最初に買ってくれたんだってね。」

小春「そうなんです、邦楽で最初に買ったのが、これです。珍しくアコーディオン鳴ってるなと思って、、あっ、言っちゃったらだめだったかな、すみません汗」

桜井さん「いやいやね、これがね、本当だからいいんですよ。ナオトインティライミなんてね、ぼくらのまえでは、ミスチルと、牛乳でおっきくなりました、と言っておきながら、ほかでは、B’zと牛乳でおっきくなりました、とか言ってるから信用できない笑 小春ちゃんほんとだもんね笑」

小春「ほんとですほんとです、中3のときに買ったんです」

桜井「大丈夫?愛のままにわがままに、じゃない?」

小春「ほんとですほんとです~~」

そんなMCのあと、この曲、、

16、くるみ

やはり小春さんのアコーディオンが光ってた曲です。涙腺が、、、。
一回目のサビ、二回目のサビ、両方少し詰まってて、サニーさんのコーラスが聴こえる。遠くから見るに、感極まって泣きそうだったのかな?って感じだったけど、近くから見れた人は、歌詞が飛んだっていうふうにも見えたそうで、真相はわかりませんが、気持ちの高ぶりがあったのは間違いなかったと思います。

17、GIFT

正直やると思わなかった曲。最近歌詞の深みに気づいて好きになってきた曲。いつもバラバラな観客の手の振りがやっとそろったのが、なんか嬉しかった♪左右は合ってなかったりしたけど、充分、、笑
ラララ♪合唱♪

18、HERO

ここに来て定番曲が続く。どっかのMCで、今日初めてライブきましたって人、結構いるでしょ?て言ってたけど、反応が薄くて笑 初めての人用にも選曲したのかなと思いました♪ほとんどファンクラブ入ってる人だろうし、山梨から東京やら埼玉とか頑張って行ってるから、初めてって人も少なかったのかなと思います♪って曲の感想がないけど、、

MC

ここのMCがどんなことしゃべってたか覚えてません、、今まで書いたものかもしれません笑

19、足音~Be strong

リフレクション行けてない身としては嬉しかった。イェヘッヘ♪もバッチリきまってて絶好調でした。

20、通り雨

長めのイントロが流れ、桜井さんが語り始める。
「いま、熊本で大変な思いをしてる人がたくさんいて。そんな中ではありますが、ここに来てくれてる人の中にも、辛いこと、絶望をかかえているひともいると思います。でも、どんな大変なことでも、雨のあとには虹が出る、そんな曲です←このへんもかなり忘れちゃって、ほんとにこんな感じだったか自信ないです。」

で、通り雨が始まる。《生まれた瞬間からゆっくりと死んでく、そこからはもう逃れようがないなら笑ってたいんだけどな》という歌詞がすごくささった。地震だとか、何が起きるかわからない。いつ、自分が死ぬかもわからない、ゆっくり死にむかってるのは間違いがない。それなら楽しく生きたい。いろいろ考えた。

途中、《寂しいのが嫌で 甘えるのが苦手》の部分を、桜井さんがジェンさんにふって、ジェンさんが歌うハプニングも♪近くで観てた人は、アドリブでふったよつに見えたそうです。ジェンさんはそれって俺のこと?て気づいてギブギブ!って笑ってたみたいです笑

思春期の夏歌わないかな~アコーディオン、、なんて思ってたけどやらなかったから、ジェンさんの歌声が聴けたのが嬉しかった♪

サビの部分を私たちに歌わせてくれたりも♪
21、虹の彼方へ

期待通りやってくれましたー♪みんな歓喜。転調前の間奏のブラスも迫力が、、イノセントボイスに聞こえました、桜井さんの声も。定番にしてもいいくらいよかったなぁ。

ここで本編おわり。

何度も山梨って言ってくれたり、いいお客さんだとか、みんなが宝物ですだとか、リップサービスも満点で、私はもう幸せで、幸せに満ちた会場だったと思います。

アンコールの拍手で、、
再びメンバー登場♪桜井さんもツアーTシャツ着てました♪

22、名もなき詩

じゃかじゃーん♪田原様のギターが鳴り響き、桜井さんの乾いたアコギが聴こえる。余裕で歌う桜井さん。こんだけ歌っておいて、名もなき詩を余裕で、、すごい。途中のアコーディオンも光ってた♪私の語彙がなさすぎるのが残念だ、よかったのに涙 小春さんの赤いワンピースだっけな、衣装もかわいかった。

23、Tomorrow never knows

サニーさんのイントロが、響く。例のパン、パパん♪と拍手が鳴るも、いつもより少しゆっくりなテンポ。みんな、これは拍手をする感じではないなと気づき、拍手をやめ、聴き入る。

私がMr.Childrenを好きになったきっかけの曲。いつまでも大切な曲。

転調したあとの大サビからサビの部分、鳥肌もんでした。いままでのライブで聴いたどのトゥモネバより、ゾクゾクした。やっぱり、今回は、ノリノリで拍手をするとかよりも、聴き入るのが正解のライブだったなと思ったり。
みんな嬉しくて、ノリよくしていたけど、MCでも、音を大事にこだわってるって強調していたから、あまり曲中で拍手をするのはもったいなかったように思って。まだ演奏終わってなくて、桜井さんの歌が終わった段階での拍手が目立ってて、それはそれで良いのだけど、まだメンバーがいい演奏してる途中だったりするわけで、、うまく言えないけど、これから参戦する人には、ぜひ、演奏終わるまで聴き入って欲しいななんて思います。

24、あんまり覚えてないや

桜井さんが、今日のことの反対の曲だ、みたいなことを言って演奏された曲。ちゃんと覚えてるってことですね♪

ライブ前、車で聴いていて、じいちゃんばあちゃんになった自分の親を思い出し、なんか泣けるな、、なんてなってたから、そんなあとにすぐ生で聴けるとは。アコーディオンもよかったなぁ。効いてた。

25、忙しい僕ら

ヒカリノアトリエ自身の曲です、みたいなMCのあと演奏された曲。新曲3曲もやってくれるなんて涙 でも正直、あんまり覚えてないや、なんですすみません、、バラードです。また音源化されるのが楽しみです。

そして最後、もう一度演奏者紹介をして、手をつないで礼を、、。1人早く顔をあげそうになってた小春さんかわいかった笑

あ、MCのどこかで、今回イヤモニつけてないから、お客さんの息遣いまで聞こえてるよ、ライブしてるって感じがすると言ってました。わたしも、ライブに行った感じ、ライブを、歌を、音楽を聴けたと思いました。ホールツアー、ぜひ今後もやってほしいです。

以上、かなり長い日記におつきあいいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加